音響工学

Swept-Sine(TSP)信号を使ったインパルス応答測定(python)

  • by
測定用信号を用いたインパルス応答測定 前の記事ではインパルス応答を測定するために拍手などのインパルス信号をつかいましたが、実際にはある程度の長さがある測定用の信号を使って測定をします。今回はその中のひとつであるSwept… 続きを読む »Swept-Sine(TSP)信号を使ったインパルス応答測定(python)

インパルス応答を使った室内音響測定入門

室内音響測定について 音響的な側面での快適さを考えるにあたって、対象とする空間の響き(残響)がキーとなります。この響きを測定できるのがインパルス応答測定です。 インパルス応答自体は制御工学や電子回路など幅広い分野でも利用… 続きを読む »インパルス応答を使った室内音響測定入門

pythonで自分の音声のスペクトログラムを見る

録音→可視化 音声自体の可視化は前回の記事で触れました。縦軸に周波数、横軸に時間、色彩(や明度)で音の強さを表すスペクトログラムを使って自分の音声を録音したデータをもとに可視化しようと思います。 Contents 言葉の… 続きを読む »pythonで自分の音声のスペクトログラムを見る